海外の賃貸事情/リファレンスレター

投稿: 2016年12月22日

日本ではあまり馴染みがないことですが、海外では賃貸物件の入居の際、リファレンスレターと呼ばれるものが必要になることがあります。 

確定申告書 ボールペン 電卓
 

これは何かと言いますと、現在住んでいる物件の貸主が借主の賃料支払状況や入居者として優良である(問題がない)ことを証明するレターで、私達も海外企業の日本駐在員の帰国等の際に、家主に発行して頂くよう依頼されることがあります。帰国等されて現地で物件を借りる際に必要になるのだそうです。
日本にはない慣習ですので、当然大抵の貸主はその存在を知りません。ですので署名をいただく際には我々が代わって書面を作成し、どういったものか説明させていただいています。

日本では入居の際、保証人をたてる必要があり、手続きに手間がかかるイメージがあるかと思いますが、諸外国、例えばニューヨークでは入居に際し必要なリファレンスレターだけでも、上記の家主発行のものの他、職場や友人知人からの推薦状、雇用証明書等がありますので、賃貸借契約の煩雑さは日本とそう変わりないのかもしれません。

関連記事、リンク

Categories

社宅管理
Tenancy Management

日本国内の外資系企業および国内企業における借り上げ社宅に関わる管理業務を包括的に代行、サポート致します。

社宅管理業務 詳細

リロケーションサービス
Relocation Service

日本に赴任する外国人のための生活サポート。日本の風土や地理の紹介、家探しの手配、学校紹介、家具のアレンジ、住民登録、銀行口座開設等、専門スタッフが対応致します。

リロケーションサービス 詳細

外国人向 生活関連情報
Living in Japan: A Guide for Expats

日本で生活する外国人向けに、医療・住宅・学校・コミュニティ・日常生活等に関する様々な情報を発信しております。

外国人向 生活関連情報 詳細